2013/08/23

先物オプ・トレードのメモ (JST:08/23/2013)

 

マーケット:

  • 全面高。日経平均は大幅反発。円安進行と米株高を受けて前場は217円高=13,583円で始まり、ジリ高基調で推移して10:30には13,700円台を回復。後場には高値=13,774円つけたが14:00頃から急落に転じ、前場始値の付近まで下落。が、引けにかけて値を戻し、大引けは298円高=13,660円。
  • 日経平均は大幅高したが50日線、100日線を回復せず。
  • 値動きが非常に不安定で、直ぐに足元をすくわれるような相場。困ったものだ…

トレード&ポジション:

  • Iron Condorを組んだ途端、コールのIVの急騰に遭遇。見込み違いに気付いたので即損切り&返済。

Capture

2013/08/21

先物オプ・トレードのメモ (JST:08/21/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は小幅反発。前場は小幅高の13,460円を挟んで揉み合っていたが10:30頃から急落。後場寄り直後に本日のザラ場安値=13,250円をつけたが、13:40頃から急反発に転じてプラス圏に浮上。大引けは27円高=13,424円で小幅高。一方でTOPIXは3.53ポイント安。
  • 下方バイアスが非常に強くボラタイルなので、暫くエクスポージャーは避けることにした。
  • 外部環境の悪化やカタリストの不在で当面のシナリオが描けず。『休むも相場』というところか。

トレード&ポジション:

  • 想定するシナリオは期待薄と判断したので、全ポジションを早々に手仕舞った。暫くノーポジで様子見のスタンス。

image

2013/08/20

先物オプ・トレードのメモ (JST:08/20/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は大幅反落。前場は126円安=13,632円で始まったが反発し、高値は13,730円まであったが13,700円台は維持できずに引けた。後場は反落に転じ、13:50頃までは13,500円台を維持していたものの、ここから二段下げの展開となった。大引けは360円安=13,396円で安値引け。
  • 連日の薄商いではあるが、東証一部の売買代金=1.8兆、出来高=20億株は前日比で2割以上も増えた。日経平均が出来高を伴い13,500円という節目を下抜けたのは強いベアのシグナル。
  • 本日は8月12日のザラ場安値=13,430円を下回って引けたので、当面の下値の目処は13,000円。先物は13,000円から買い下がりの方針。

トレード&ポジション:

  • 本日はトレードなし。
  • 増大するデルタへの対応が必用な可能性あり。

image[5]

2013/08/19

先物オプ・トレードのメモ (JST:08/19/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は反発。終始13,600円~13,700円のレンジで揉み合っていたが、大引け30分前に買い優勢となり、108円高=13,758円で高値引け。
  • 東証一部の売買代金が1.26兆円と非常に低調なことからも、本日の上昇は騙しの可能性が捨てきれない。
  • 日経平均の日足は100日線に頭を抑えられたかたち。当分は調整入りした米株マーケットの下方バイアスに影響されるだろうから、円安基調になっても東京マーケットの独歩高は期待薄。
  • IVは全域で大きく剥落。

トレード&ポジション:

  • 本日はトレードなし。
  • 当該ポジションは上手に乱高下に対応できており、今後バタフライ(Iron Butterfly)を組成するとき参考にできる事例となった。
  • 明日以降、Put-Credit Spreadを追加の予定。

image

2013/08/16

先物オプ・トレードのメモ (JST:08/16/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は続落。米国株安の影響を受けて前場は220円安=13,532円で始まり、13,600円を挟んで揉み合っていたが後場になると急伸し、前日終値付近=13,750円まで値を戻すところもあった。後場後半は売りに押され、大引けは102円安=13,650円。本日も薄商いで値が荒い展開となった。
  • 日経平均のランダムな急騰急落が頻発しているが次第にトレンドがはっきりしてくるはず。今は過渡的な時期なのだろう。
  • 米国長期債安、ドル安、米株安(そして金高)という少し不自然な状況になっているが、これが収斂するまで東京マーケットの不安定な値動きも収斂しないように思える。
  • 日経平均の日足は50日線と100日線の下に深く沈み込んでおり、先の大暴落の底が入った6月13日からの数日間と比べると明らかに見劣りがする。本日、米株相場が本格的な調整入りしたこともあり、当分は日経平均も下方バイアスが高いとみる。

トレード&ポジション:

  • 当分はポジションは小さく、デルタは控え目にする方針。
  • 掛け捨てのつもりで建てたFOTMの単独コールは見込みがないと判断したので手仕舞った。

image

2013/08/15

先物オプ・トレードのメモ (JST:08/15/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は大幅反落。米国株安の影響を受けて前場は205円安=13,845円で始まったが、円安基調の追い風を受けて10:40頃まで順調に値を戻し14,000円に迫ったものの、法人税減税をめぐる閣僚発言が伝えられると急落に転じた。終値は297円安=13,752円。引けにかけて若干の反発はあったが、昨日のザラ場安値と同じ水準で大引けを迎えた。
  • 出来高が薄く、値が荒い展開が連日続いている。この現象は日米共通。 米国の方はブル相場の末期的な商状。
  • 日経平均の日足は100日と50日の移動平均線の下に一日で押し戻された。8月12日のザラ場安値=13,430円がサポートにならなければ、持ち合いを下放れするだろう。米国株安がトリガーになるとみる。

トレード&ポジション:

  • 乱高下からの影響が軽微。
  • 掛け捨ての単独コールのロングを追加。

image

2013/08/14

先物オプ・トレードのメモ (JST:08/14/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は大幅続伸。薄商いの中14,000円台を回復。大引けは183円高=14,050円、高値引け。前場は昨日の大幅高の地合いを引き継ぎ、13,970円まで開始直後につけたものの即失速。一本調子の下落が後場も続き、13:00には前場の高値から210円安=13,750円まであったが、ここからスイッチが入ったようにV字回復。こんどは引けまで一本調子で上昇。
  • 出来高が薄く、値が荒い展開が続いているが、14,000円を意識した値固めが進行している模様。
  • 日経平均の日足は100日と50日の移動平均線の下に留まる期間が3日以内で上に抜けたかたち。このパターンは5月23日の暴落後、6月13日に底入れしてからの数日間とよく似た展開。
  • 東証1部の騰落レシオ(25日平均)も反発局面を暗示。
  • IVは剥落から急騰へ。

トレード&ポジション:

  • 本日から細々とトレードを開始。取り敢えずバタフライを組成。
  • マーケットが極めて不安定なので、当面は小さなポジションを維持することにしたい。

image

image

2013/08/06

225先物オプ・トレードのメモ (JST:08/06/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は大幅反発。前場の引け間際には227円安=14,030円まで急落したが後場からは一転して急反発し、大引けは143円高=14,401円の高値引け。
  • 前場の急落局面で日経平均が14,000円を下抜けなかったことで下値サポートを確認。
  • 日経平均は25日線を回復。

トレード&ポジション:

  • 本日の確定損益は-81,301円(手数料込み)。ポジションは全て手仕舞い、現在はノーポジ。
  • 前場の引けにかけて先物が14,000円に接近したとき、全ポジションを手仕舞った。しかし後場には大幅反発に転じ、結果的に振り落とされたかたちとなった。薄商いの中での急落と急反発で対応が難しく、ポジションを小さく取ることで乗り切るしかなさそう。

image

2013/08/05

225先物オプ・トレードのメモ (JST:08/05/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は大幅反落し、大引けは208円安=14,258円、先物は250円安=14,240円。ともに安値引けの水準。東証一部売買代金、売買高は今年の最低水準。薄商いの中で円高傾向に引きずられる展開となったが、ドルが米国の雇用統計発表から1円50銭も下げている割には日経平均は底堅いようだ。ここから一段安があっても14,000円の下値は維持されるとみる。
  • IVの剥落が8月プット側で顕著。

トレード&ポジション:

  • 本日の確定損益は+68,320円(手数料込み)、含み損益は-21,481円。先物の日計りで日銭を稼ぐようなトレードが中心。
  • 往来相場で目先の方向感が定まらない状況なので、当分は主に先物の筋肉プレーで対応する方針。

image[5]

2013/08/02

225先物オプ・トレードのメモ (JST:08/02/2013)

 

マーケット:

  • 東京マーケットは大幅続伸。相場の風景は外部環境の好転でガラリと変化し、予想もしていなかったサマー・ラリー商状。日経平均は直線的に上昇し、大引けは460円高=14,466円。25日線を回復した。
  • 一昨日まで弱気相場を想定していたが、見込み違いだった。ここからは、14,000円 ~ 15,000円のレンジでの往来相場が続くとみる。

 

トレード&ポジション:

  • 本日の確定損益は+210,534円(手数料込み)、含み損益は+39,255円。先物を主体に猿のような日計りのトレードが中心。
  • 8月コールのIVが急騰し、カバード・コール用に準備した1308C14750のショートが裏目。

image