2013/09/30

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/30/2013)

円高圧力とイベントリスクへの警戒が重なり日経平均は大幅続落、304円安=14,455円。残念ながら下値サポートの14,500円が崩れてきた模様。この際、メジャーなイベントが通過するまで、オプションのトレードは控えることにしたい。9月分の確定損益は、+568,229円(手数料込み)で着地。

本日のトレード&ポジション:

  • 10月SQまでの日程を考えたとき、日経平均が14,500円以上を維持するのが微妙な状況になってきたので、既存のカバード・コールのポジションの先物側(12月限)だけを抜き取り、全てのオプのポジションを手仕舞った。
  • 先物は突っ込んだら買い増す方針で対応予定。

ポジション全体のリスク・パラメータ D:+0.500, G: 0.000, V: 0.000, T: 0.000

Capture

2013/09/27

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/27/2013)

日経平均は小幅反落、39円安=14,760円。週末要因とイベント待ちが重なり、小動きに終始した。本日はコールのIVの剥落が目立った。為替と日経平均の相関が低くなってきており、日経平均が円高圧力に一方的に影響されないのは心強い。ここにきて日経平均も為替も煮詰まりつつあるようだ。10月1日の日銀短観・消費税最終判断を大きなインパクトのあるイベントと捉え、Long Straddleで対応することを検討中。日経平均は上にも下にも大きく離れる可能性あり。

本日のトレード&ポジション:

  • 本日(前ナイトセッション)返済したポジション

12月限ミニ先 @ 14795円 10枚返済売り、1310P13000 @ 8円 1枚返済売り

  • 本日(前ナイトセッション)追加したポジション

12月限ミニ先 @ 14800円 5枚買い、1310C15000 @ 195円 1枚売り

損益曲線のイメージ:

image

ポジション全体のリスク・パラメータ D:+0.760, G: –0.125, V: –22.380, T: +16.880

image

2013/09/26

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/26/2013)

日経平均は大幅反発し、約80円の権利落ち分を余裕で埋め戻して178円高=14,799円、高値引けとなった。67円安=14,553円で始まり、前場の安値は210円安=14,410円まであったが、そこからV字で切り返す展開となり、高値引けの値段と前場につけた安値の値幅はなんと389円。惜しくも9月20日につけた直近のザラ場高値=14,816円は抜けなかった。前場の急騰局面で買い持ちしていた先物を一部返済してしまったのが少し悔やまれる。

本日のトレード&ポジション:

  • 本日返済したポジション

12月限ミニ先 @ 14705円 5枚返済売り、1310P13000 @ 8円 1枚返済売り

  • ポジションの一部を返済し、資金へのリスク許容度に余裕が生まれたので補充を検討する方針。

ポジション全体のリスク・パラメータ D:+1.560, G: –0.057, V: –10.140, T: +6.110

image

2013/09/25

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/25/2013)

権利落ち分を考慮すると日経平均は14,600円台を維持できずに大引けを迎えた。112円安=14,620円。小動きに終始していたが、大引け前の30分で急落して安値引けの展開となった。ここから暫く軟調な地合いが予想されるが、14,500円からの下振れリスクは低いとみる。

本日のトレード&ポジション:

  • 本日追加したポジション

12月限ミニ先 @ 14640 5枚買い、12月限ミニ先 @ 14650 5枚買い、1310P13000 @ 12 1枚買い

  • 既存ポジションは、このまま持続するが、資金へのリスク許容度が上限に近いので、新規ポジションの追加は強く自制したい。

ポジション全体のリスク・パラメータ D:+2.66, G: –0.028, V: –2.79, T: +2.74

image

2013/09/24

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/24/2013)

日経平均は小幅安で始まり、前場の安値は135円安=14,607円もあったが14,600円台を堅持。後場になると切り返し、引けにかけてプラス圏に浮上したが大引けは9円安=14,732円。外部環境が軟調の割りには底堅く、14,600円台では押し目買いの動き。最低のヘッジは維持しつつ、基本は放置プレーの方針。

本日のトレード&ポジション:

  •  先週土曜日の夜間に以下ポジションを追加

12月限ミニ先 @ 14685 5枚買い、12月限ミニ先 @ 14730 5枚買い、1310P13000 @ 12 1枚買い

ポジション全体のリスク・パラメータ D:+1.650, G: –0.043, V: –8.120, T: +7.230

image

2013/09/20

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/20/2013)

日経平均は23円安=14742円。急落する様子もないが、ここから買い上がるエネルギーもなく、14500円をサポートとする値固めが暫く続くとみる。為替と日経平均の相関がやや弱くなっている。米株マーケットの調整入りは近いが、案外と東京マーケットは米国離れし、強さを維持していくような気がしている。

本日のトレード&ポジション:

  • 昨日の夜間、スプレッドを更に追加。

ポジション全体のリスク・パラメータ D:0.630, G: –0.045, V: –10.340, T: 6.650

image

2013/09/19

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/19/2013)

FOMCのQE現状維持の決定を受けてドル円が一時97円台に沈むも、日経平均はドル高圧力を跳ねのけて全面高、大幅続伸、14766円で高値引けした。東証一部売買代金も2.41兆円と膨らみ、今月の最高水準。目先、日経平均の上値の目処は15000円。

本日のトレード&ポジション:

  • 昨日の夜間に拾った先物を本日寄り付きで利食い。
  • 昨日の夜間、スプレッドを追加して組成。

ポジション全体のリスク・パラメータ D:0.210, G: –0.010, V: –2.880, T: 2.240

image

2013/09/18

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/18/2013)

 

本日のトレード&ポジション:

  • コールIVの急騰により、カバ子が発狂。何とかなだめながら返済して事なきを得た。怖いね、期先OTMのIV。
  • 取り敢えず、しょぼいスプレッドを組成して放置プレー。

ポジション全体のリスク・パラメータ D:0.110, G: –0.002, V: –0.320, T: 0.390

image

2013/09/17

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/17/2013)

イベント待ちの状況の中、調整含みの相場になっている。五輪招致関連の中小型株の物色は相変わらず旺盛だが、主力大型株が弱い。東証一部売買代金も2兆円未満と低調で、外人の手が引いてしまっている様子。コールのIVの下落が目立った一日。

本日のトレード&ポジション:

  • 先物のデルタに関しては、期先の先物であったとしても、常に期近のデルタとして取り扱うことにした。(今まで少し混乱していた)
  • 五輪招致の『コール祭り』を期待して単独で買い持ちしていた1310C16000は、見込み違いだったので損切り。
  • 買い持ちしている既存の12月ミニ先物20枚に対し、1311C15500 @ 145円 4枚の売りを割り振った。以下は現時点の損益曲線。(ここからは状況に応じて調整予定)

image

ポジション全体のリスク・パラメータ D:1.310, G: –0.082, V: –55.020, T: 11.100

image

2013/09/13

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/13/2013)

 

トレード&ポジション:

  • 9月13日の夜間セッションで底値近くでミニ先を10枚買ったことが奏功し、本日昼間にその含み益を利用し、既存ポジションの含み損の一部を整理できたのは幸いだった。これで全体の含み損は随分軽くなった。
  • マーケットの上昇トレンドには確信があるので、既存の先物ロングは含み損がきついが継続。先物ロングに一定の含み益が出た所でカバード・コール的なポジションを組成するつもり。

D: 2.2, G: 0.048, V: 17.060, T: –6.250

image

2013/09/11

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/11/2013)

 

トレード&ポジション:

昨日に続き、本日も誤発注…

  • MiniとLargeを間違えて発注。気付くのが早かったので傷が浅かったことをヨシとするしかない。トレード・アプリのメニュ―が紛らわしいこともあり、先物の発注には細心の注意が必用なことを改めて認識。しかしアプリのレベルでLargeの発注をディスエイブルできるような設計にしてもらいたいものだ。ほんとうに危なすぎる。
  • カバード・コールを後日設定するつもりで12月Miniを20枚ロング。目下の含み損は気にしない。

D: 2.58, G: 0.121, V: 50.80, T: –19.26

image

2013/09/10

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/10/2013)

 

トレード&ポジション:

誤発注と後悔の火曜日となった…

  • 誤発注により折角のポジションを無為にした。1309P14000の新規売りをするつもりが、誤って既存の玉を返済してしまい、ポジションの目論見を維持できなくなってしまった。結局全ての玉を返済し、ポジションはご破算とした。
  • ノーポジにいたたまれずに9限月のプットでVertical Spread Creditを組成したが、SQを前にしてリスクを取り過ぎていたことに気づき、ポジションを解消。結局、微損失を出した。
  • 今年前半のOTMコール祭りが再来する予感がしているので、10限月のOTMコールをロングすることにした。

猿のように過剰なトレードをしているので、一日あたりの取引回数の制限を自らに課すことを考えたい。

D: 0.73, G: 0.17, V: 62.47, T: –14.08

image

2013/09/09

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/09/2013)

 

トレード&ポジション:

  • 先週末の夜間セッション(09/07)ではエラー・トレードにより損失。嗚呼、バカだった。
  • 五輪招致の不発を見込みプット・ロングを同夜間セッションで組成したため本日損切り。嗚呼、無謀だった。
  • 本日組成したポジションはSQに持ち込む予定。なんか、既にダメな感じが…

D: 0.57, G: –0.119, V: –8.310, T: 32.68

image

2013/09/06

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/06/2013)

 

トレード&ポジション:

  • D: –0.57, G: 0.109, V: 16.98, T: –52.05

五輪招致の不発を見込んでプットロングを週末をまたいで保有するが、シータとの戦いがきつい。ここは月曜日の暴落に期待したい。

image

2013/09/05

先物オプ・トレードのメモ (JST:09/05/2013)

 

東京マーケットでのオプショントレードを9月3日より再開。

トレード&ポジション:

  • 8月の成績は+150,455円と夏枯れ状態だが、逆に 荒ぶる相場で積極的にリスクをとらなかったので損失に至らなかったのは幸いだと考えたい。
  • 日本への五輪招致はフクシマの悪評により99%無理とみているので、プット・ロングの捨て玉のポジションを組成。

image