2013/02/13

225先物オプ・トレードのメモ (JST:2/14/2013)

225先物はギャップダウンで寄り付いたが、結局ナイトセッションの終値近くまで戻して引けた。昨日に引き続き調整含みの商状。機関の物色は時価総額上位の銘柄が中心。新興市場は個人のバイオ銘柄の物色が旺盛。225先物(3月限月)の出来高は昨日に引き続き10万枚未満の84702枚。高水準ではあるがエネルギーは不足。揉み合いの中で11300円近辺が岩盤のようなサポートに仕上がりつつある。為替が安定してきたのは救い。G20の波乱が心配ではある。今週中に先物OP口座に証拠金を少々積み増し、現金証拠金余力を500万円にした運用体制に移行する予定。本日はトレードなし。
image
image