2013/02/14

225先物オプ・トレードのメモ (JST:2/15/2013)

マーケット

  • 電気ガス・セクターを除き全面安。円高傾向を受けて調整ムードで始まった相場は、『日銀総裁は武藤氏を中心に人選が行われる』とのロイターの報道を受けて更に下押した。引けにかけて戻したものの、日経平均は11,173.83 (-133.45 , -1.18%)、3月限225先物は11,170 (-160,  -1.41%)。FOTM の1303P10500, 1303P10250, 1304P10500, 1304P1025が異常に盛り上がったのが印象的だった。225先物の急落を見越してFOTMの屑Putを買い持ちしておき、今日のようにIVが急騰して盛り上がった所でぶつける戦略は非常に有効だと感じた。

image

本日のトレード

  • -1 1303P11250 @ 270、 +1 1303P11000 @ 160 ⇒ 垂直スプレッド

備考

  • 先週から悩んでいた”リスク許容度”の計算は、以下のように簡便に算出することにした。

”リスク許容度” = ”予想最大損失” ÷ “維持証拠金余力” x 100  =< 35%

※ リスク許容度を35%以内にすることは、資金の喪失を元金の35%以内に抑えるという意味。

※ ”予想最大損失”はポートフォリオの最大損失額。”建単価”から逆算可能。

※ ”維持証拠金余力”は松井証券が日々更新。(松井証券がSPANパラメータと独自の掛け目でポートフォリオのネットから算出)

  • 本日、先OP口座に資金を追加した。割り当てた資金(証拠金額)が500万円を達成。当面はこの金額を先OPで運用。