2013/03/06

3月6日集計:225OP 3月限の証券会社手口のまとめ

3月6日集計のクイック社のデータから

225先物オプ・トレードのメモ (JST:3/06/2013)

マーケット:

  • 225先物はCME高を反映して高く始まり、前場は11800円 ~ 11840円の高値圏で揉みあっていたが、後場に入り急伸。13時頃に2008年9月以来の11900円の大台をつけた。その直後に11840円付近まで押し戻される場面があったが、13:30頃から急反発して高値を更新。大引けは11930円の高値引け水準。
  • 225先物は11500円 ~ 11800円の揉み合い圏を抜け、新しい上昇局面に入った模様。3月SQ以降は12000円が下値サポートになる値動きが期待出来そう。
  • セクター別では紙パと水産を除く全面高。石油・石炭、鉄鋼、鉱業は精彩を欠いた。小売ではファーストリテがピンポイントで買われていて、日経225の上げ分の80円程度はこの銘柄一つの寄与。
  • 225先物3月限の出来高が2月6日以来の最高水準。6月限への大半のロルオーバを終えた模様。
  • 1303C12000の商いが異様に盛り上がっていた。

トレード&ポジション:

  • 新規追加ポジション

+1 1305P11500 @ 340 &  -1 1305P11750 @ 450 (Vertical Credit Spread)

  • ポートフォリオのサイズが資金に対するリスク許容度の限界(予想最大損失/維持保証金余力 <  0.35)に近く、暫くは新規ポジションの追加なし。