2013/03/14

225先物オプ・トレードのメモ (JST:03/14/2013)

マーケット:

  • 急反発、大幅高。後場、日銀人事案が衆議院で同意されたことをきっかけに、弱含みしていた相場は急反発に転じ、225先物は3月6日以来続く高値揉み合いレンジ(12,140円 ~ 12,400円)の上限近辺の12,330円で大引け。懸念は今日の大幅高には出来高が伴っておらず、225先物(6月)の出来高は前日比で20%減、東証一部出来高は前日比で5%減。
  • コールのIVが期近・期先、ITM・ATM・FOTMで大きく剥落。
  • 225先物が3月6日以来の高値揉み合いレンジを上抜けるためには出来高が不足。暫くはレンジ揉み合いの中で、調整色の強い相場が続く可能性も高いとみる。
トレード&ポジション:
  • 本日はトレードなし。(現在のポジションのサイズがリスクの許容範囲の上限のため、新規のポジションは見合わせ中)