2013/04/16

225先物オプ・トレードのメモ (JST:04/16/2013)

マーケット:

  • 海外株安、商品安、円高のトリプルパンチを受け、前場は252円安=13,023円の窓開けで始まった日経平均は、驚くべき回復力で窓をじりじりと埋め戻す展開となった。後場にはプラ転するところもあり、一時37円高=13,312円まであった。大引けにかけてダレたが、54円安=13,221円の小幅安で引けた。結局、前場に開けたギャップダウンの窓は、ほとんど埋め戻してしまった。
  • 根笠大型株が実勢を見えなくしている日経平均(-0.41%安)よりも、本日は回復力が弱かったTOPIX(-1.30%安)が相場の実勢。
  • 参加者の買い意欲は旺盛。13,000円が日経平均の強固なサポート。この水準を下値にした値固めの期間がほしいところ。外部要因には警戒しつつも強気は継続。
  • IVはプット高、コール安。5C14500=2万枚、5P12000=1万3千枚が出来高を集めた。

 トレード&ポジション:

  • 本日はトレードなし。
  • 資金枠に対するリスクは若干高めだが、暫くは動かない方針。いま損切りや利食いに動くと裏目に出るとみる。