2013/04/22

225先物オプ・トレードのメモ (JST:04/22/2013)

マーケット:

  • CME高を折り込むかたちで221円高=13,537円で始まった日経平均は、09:40頃にザラバ高値の13,611円をつけ、4月SQ値を上回ったが、売り圧力に押されて伸び悩み、終日、高値もみ合い商状となった。大引けは251円高=13,568円。日経平均と為替がタンデムで動くことから、ここから日経平均が上値を追うためには、為替が100円を上抜けることが必要条件。
  • ファーストリテ、京セラ、テルモ、ソフトバンク、東京エレが日経平均を60円押し上げ。月の後半から主力の値嵩株が騰勢を強める傾向が最近目立つ。
  • 東証一部の売買代金が3兆円を割れで比較的低水準にありながら売買高が44.2億株と高水準なのは、中小型株に物色が広がっていたから。
  • 東証一部騰落レシオ(25日平均)は、日経平均が高値にありながら、過熱感が少ない相場が続いていることを示している。以下のチャートは本日までの25日移動平均の日足。

image

  • 225オプ5限月はコールが上昇、プットが下落。5C14500=1万2千枚が本日も出来高を集めていた。

 トレード&ポジション:

  • 償却が9割以上進んだ4月限のポジションを返済し、新規ポジションを7月限で補充した。確定損益は手数料込み。
  • 当面の目標は、月間の確定収益を100~120万円に設定。運用資金の枠に対するリスク許容度に応じて目標は調整。
  • image