2013/05/02

225先物オプ・トレードのメモ (JST:05/02/2013)

マーケット:

  • 日経平均は大幅続落。大引けにかけて少し買戻しが入り、大引けは105円安=13,694円。
  • 欧州は英国を除いてメイデーのため休場。GWの狭間にあることなどから機関の参加が極端に少なく、東証一部の売買高=27.37億株、売買代金=2.18兆円ともに、直近では3月29日に次ぐ最低水準。
  • ドル円が97円前半の円高基調で推移していることも日経平均には重石。97円を切れば日経平均はもう一段安して13,500円が視野。目先は13,500円が下値の目処とみる。
  • 週末の米国雇用統計が転機になりそう。東京マーケットは、GW明けに大きな動きが出るはず。日経平均は下放れか、上放れかのいずれか。
  • 機関の5限月の手口(建玉枚数)を集計すると、5月2日現在では以下のとおり:

5P14250=190枚、5P14000=754枚、5P13750=4,527枚、5P13250=12,545枚、5P13250=22,625枚

5C14250=17,182枚、5C14000=12,532枚、5C13750=8,705枚、5C13250=1,541枚、5C13250=154枚

行使価格に対してコール・プットは対称的に手口が分散していて、現時点では強弱が拮抗している様子。

 トレード&ポジション:

  • 本日はトレード無し。
  • 自ら定めた証拠金余力と必用証拠金額の割合(0.35)の上限に近く、当面はこれ以上のポジションは補充しない方針。