2013/06/10

225先物オプ・トレードのメモ (JST:06/10/2013)

マーケット:

  • 日経平均は大幅反発、全面高商状。大引けは13,500円台を回復し、636円高=13,514円。週末の米国雇用統計を好感して大幅反発して始まった後は13,400円前後で揉み合っていたが、大引けにかけて強含み、高値引け。期近先物は940円高=13,620円と歴史的大幅高。
  • 東証一部の売買代金、売買高ともに値幅の割りには極めて薄く、5月7日以来の低水準。売買代金は3兆円割れ。一方で期近と期先を合わせた先物の出来高は18万枚超と、比較的高水準。期先へのロールオーバーが急速に進行中。
  • 現物の出来高から察するに、本日の急騰は売り方の踏み上げと買い戻しが中心。騙しの可能性は拭いきれず、予断を許さない。
  • IVは大幅反落。

 トレード&ポジション:

  • 本日のトレードなし。
  • 含み損は大幅に圧縮された。