2013/06/14

225先物オプ・トレードのメモ (JST:06/14/2013)

マーケット:

  • 日経平均のSQ値は12,688円で波乱なく着地。大引けは、昨日の暴落した値幅の(たった)三分の一戻しの241円高=12,686円。本日は上値が12,900円、下値が12,600円のレンジを方向感無く推移していたが、大引けにかけて弱含んだ。相場は非常に弱く、戻り売り圧力が強い。主力大型株の多くは”行って来い”で値を消す展開だった。為替の激動も止まらず、日経平均と負のスパイラルで相互作用している。
  • マーケットの戻りが弱く、もう一段安するような兆候がある。
  • IVは全域で低下。

 トレード&ポジション:

  • 本日はトレードなし。
  • ダメージ・コントロールのモードに移行することにした。一縷の望みは持ち続けるにしても、今後は期待値を低くし、いかに損失を少なくして既存ポジションの整理を進めていくのかが課題。