2013/06/17

225先物オプ・トレードのメモ (JST:06/17/2013)

マーケット:

  • 日経平均は先週金曜日の大引けから102円安で始まったが、薄商いの中でするすると13,000円を回復し、大引けは346円高=13,033円の高値引けとなった。東証一部の売買代金2兆円割れ、売買高25億株は3月29日以来の低水準。大幅高ではあるが、テクニカルな自律反発の域。
  • 日経平均の一日の高安の値幅は今日も500円近くあり、上にも下にも振らされる非常に難しい相場。
  • FOMCの声明にはサプライズはないはずだが、米国マーケットはそれを知っていて自作自演的な期待の折り込みが始まっている模様。
  • IVは全域で低下して横ばいに推移。

 トレード&ポジション:

  • ダメージ・コントロールのモード。本日はトレードなし。
  • 本日から更新されたSPANパラメータの締め付けが辛いところ。