2013/06/19

225先物オプ・トレードのメモ (JST:06/19/2013)

マーケット:

  • 日経平均は大幅反発したものの波乱の一日となった。前場は222円高=13,233円で始まり高値で揉みあっていたが、11時頃から急落。後場は一時13,000円近くまで下落したが、後半から急反発して値を戻した。大引けは237円高=13,245円。FOMCを控えて為替と先物の激しい値動きと相互作用するかたちで乱高下。昨日も含め、13,000円が下値サポートになっていることを再確認した展開となった。
  • 東証一部の出来高と売買代金が今週になって極端に細っていたが、本日は回復の兆候。売買代金は2日ぶりの2兆円超。
  • IVはイベントを控えて高止まりの推移。

 トレード&ポジション:

  • 本日はトレードなし。