2013/07/31

225先物オプ・トレードのメモ (JST:07/31/2013)

 マーケット:

  • 東京マーケットは大幅反落。日経平均は昨日の戻り分をほぼ帳消しにする展開となった。前場は136円安=13,733円で始まり、安値は225円安=13,644円まであったが10時頃から反発し、13,800円前後の高値水準で後場も推移していたが、大引け間際の30分で強烈な売りに押された。大引けは安値引けで201円安=13,668円。先物も安値引け=13,600円。
  • 複数のテクニカル指標に強い売りシグナルが出ている。
  • 7月の月足の形状は5月と同じく長大な上髭を引く不吉な陰線となっており、8月相場は荒れそうな予感。ポジションを小さくして対応する予定。

 トレード&ポジション:

  • 現在はノーポジ。
  • 東京マーケットは米国マーケットが調整入りすれば、それが外部要因として強く意識され、日経平均はあっさりと13,000円割れになると予想。
  • 日経平均が13,000円割れした水準から先物を買い下がる方針。
  • 7月の確定損益は+1,041,000円(手数料込み)。先月の損失を3割強取り戻したのは上出来というところ。