2013/08/15

先物オプ・トレードのメモ (JST:08/15/2013)

 

マーケット:

  • 日経平均は大幅反落。米国株安の影響を受けて前場は205円安=13,845円で始まったが、円安基調の追い風を受けて10:40頃まで順調に値を戻し14,000円に迫ったものの、法人税減税をめぐる閣僚発言が伝えられると急落に転じた。終値は297円安=13,752円。引けにかけて若干の反発はあったが、昨日のザラ場安値と同じ水準で大引けを迎えた。
  • 出来高が薄く、値が荒い展開が連日続いている。この現象は日米共通。 米国の方はブル相場の末期的な商状。
  • 日経平均の日足は100日と50日の移動平均線の下に一日で押し戻された。8月12日のザラ場安値=13,430円がサポートにならなければ、持ち合いを下放れするだろう。米国株安がトリガーになるとみる。

トレード&ポジション:

  • 乱高下からの影響が軽微。
  • 掛け捨ての単独コールのロングを追加。

image