2013/12/01

先物オプ・トレードのメモ (JST:12/02/2013)

 

日経平均は小幅続落。二日続きの十字足で強弱が対立。小型株やマザーズは堅調な一方、日経平均への寄与度の大きい大型株が中心に売られた。前場は先週金曜日の終値付近から始まり、一時は15,700円を回復したが、そこからは弱含みに推移。後場は引けに向けてやや値を戻し、一時プラス圏まで浮上したが、大引けは6円安=15,655円。先物は50円安=15,690円。東証一部の売買代金は2兆円割れ。日経平均は5営業日連続で高値持ち合いの商状。12月SQに向けて高値持ち合いを上に離れるとみているのだが…

本日のトレード&ポジション:

  • IVは12月の剥落が後場に加速。午前中に12C160の裸買いを1枚追加したが苦戦。12C165の腐敗の進行も痛い。
  • SQに向けて急騰を期待。
  • 11月の確定損益は+682,794円。

image