2013/12/05

先物オプ・トレードのメモ (JST:12/05/2013)

日経平均は大幅続落。後場から急速に下げ幅を広げた。円高圧力と外部環境の悪化が昨日からの弱地合いに拍車をかけた。一昨日の高値=15,734円から本日の安値=15,139円まで600円近い下げ幅となり、15,000円の下抜けも視野に入ってきた。大引けは230円安=15,177円、先物は310円安=15,160円。東証一部の売買代金は2.4兆円と、薄商いの中で終値ベースで年初来高値をつけた12月3日から、下げながら拡大する傾向はベア。オプ建玉の需給に関しては、12月SQに向けた最終型が見えてくるのは来週か。IVは急騰。25日騰落レシオは100%割れ。NT倍率は12.34まで縮小。

現在のトレード&ポジション

12/4の夕場にて全てのポジションを返済して一旦ノーポジとした。ここはリセットしてから考え直すのが正しいという結論。痛いが仕方ない。

image