2013/12/17

先物オプ・トレードのメモ (JST:12/18/2013)

日経平均は大幅反発。朝から主力大型株中心に買われて15,500円台を回復。大引けに向けては一段高し、大引けは高値引けで309円高=15,587円、先物は300円高=15,590円。高安の値幅は320円となり、先高感のある大陽線が出現。先週後半からの軟調な地合いを払拭したかたちとなった。東証一部の売買代金も2.4兆円と膨らんではいるが、更なる上値追いには物足りない水準。日経平均が大幅高したにも拘わらず、ドル円は103円台を回復しないで動意に乏しかったのには驚いた。朝方、IVは一時的に上昇したがジリ安に転じた。昨日の米国マーケットの値動きは意外なほど安定しており、FOMCが波乱なく通過することを暗示しているように見えた。

現在のトレード&ポジション

本日は取引なし

  • 予想外の日経平均の急騰でポートフォリオの損益は陽転。
  • 朝方に上昇したコール側IVは、日経平均の上値追いの中でジリ安に転じた。FOMC通過を折り込み始めた動きなのか。

image

先物オプ・トレードのメモ (JST:12/17/2013)

日経平均は小幅に反発。上下70円幅で終日方向感なく推移。大引けは125円高=15,278円、先物は70円高=15,290円と小幅高ではあるが喪失感のある場味。東証一部の売買代金は1.8兆円と買い控え商状。FOMCの開催を意識してかIVは右肩上がりで終日上昇。イベントの通過後に一挙に低下する展開か。昨日の米国マーケットの堅調さを見る限り、ここから東京マーケットの調整色が一方的に強くなるとは考えにくい。

現在のトレード&ポジション

12/16夜間にヘッジとして1401P13500を1枚買ったが、同夜間に無用と判断して返済。辛抱の日々は続く。

image