2014/02/27

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/28/2014)

日経平均は小幅続落。前日の夜間先物は14,700円割れがあった。100日線に頭を抑えられて軟調な地合いが継続。前場は前日終値を挟んで揉み合っていたが、後場には200円安近くまで急落。引けにかけて買い戻されて、大引けは82円安=14,841円、先物は100円安=14,860円。指数は方向感が定まらず乱高下しているが、IVには動意が少ないのには驚く。指数は下方ブレークするような危険な兆候を示している。油断できない。

トレード&ポジション

前日夜間にインシュワランス用のバックレシオを組成

  • バックレシオは暴落対応の掛け捨て保険。メインのポジションとは分離して管理。
  • 2月分の確定損益の累計は+133,109円。何とかプラスを確保。

image

  • 損益チャート(2月28日 日中)

     メインとサブを分離して表示: 上がメイン、下がサブ

2-28-2014

image

2014/02/26

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/27/2014)

日経平均は小幅続落。15,000円で頭を抑えられて右往左往する気迷い商状が継続。東証一部売買代金は本日も2兆円未達で低迷しており、外国勢が引いている様子。100日線を抜けられない膠着状態が続けば下方ブレークもありなので、既存のポジションとは別枠で、まさかのボーナスが期待できるサブのポジションも思案中。大引けは47円安=14,923円、先物は40円安=14,960円。IVの変化は僅少。

トレード&ポジション

前日夜間にデルタ微調整 / 日中は利益確定と期先へのロール / +254,139円の利益確定

  • 前日夜間にデルタの調整で3月ミニ先物を1枚買い。
  • “03P14000 1枚売り”を返済して利益確定し、差し替えとして新規に”04P14125 1枚売り”。
  • 漸次、期先へのロールを進めていきたい。

image

  • 損益チャート(2月27日 日中)

2-27-2014

2014/02/25

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/26/2014)

日経平均は小幅反落。15000円を挟んで膠着状態になっている。100日線が目先の抵抗だが、突破は東証一部の売買代金が1.8兆円という低水準では無理とみる。ポジション的にはこの水準で膠着状態が続いてくれた方が有利なので、大きく振れないでほしいところ。大引けは80円安=14970円、先物は変わらずで15000円。IVは相場の膠着状態を反映して下落。

トレード&ポジション

日中は取引なし

  • 順調、このまま放置。

image

  • 損益チャート(2月26日 日中)

2-26-2014

追記:

先月から225オプトレ用の環境を整備することを目指して自作開発を進めています。先週、日経VIの代わりにVIX型の計算方式を採用して表示することを考えていた矢先にDrillerさんのサイトで貴重なヒントを頂きました。本日はプロトタイプを作ってみました。念願のVIX型分足(VXJ)が何とか実現しそうです….

Capture

Drillerさん、有難うございました。

2014/02/24

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/25/2014)

日経平均は大幅反発。米国マーケットが堅調だったことが追い風になり全面高。ただ東証一部売買代金は2兆円未満という貧血状態であるにも拘わらず値幅が大きいのが不気味。現物の引け直後に先物が急落しており、日中は不自然な需給が指数を支えた印象。テクニカルは改善しているが、何やら危うい。ここからは15,000円を挟んだ値固めか、二番底の確認のどちらかだとすれば、後者のシナリオに思える。大引けは213円高=15,015円、先物は160円高=15,000円。引けてみればIVの変化は僅少。コール安、プット高。

トレード&ポジション

日中は取引なし

  • ここから脳天気に上昇できるような相場ではないという判断。デルタのヘッジは敢えて行わないでこのまま放置。

image

  • 損益チャート(2月25日 日中)

2-25-2014

2014/02/23

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/24/2014)

日経平均は小幅反落。高安320円の値幅で上下に振れた。15,000円に近づくと戻り売り圧力が高まり、14,600円近辺では値頃感から買いが入るという気迷い商状。東証一部の売買代金は2.1兆円と、買い方にも売り方にもエネルギー不足。14,500 円~ 1,5000円のレンジ相場が暫く継続するとみる。大引けは27円安=14,837円、先物は10円高=14,840円。IVはほぼ変わらず。VL構造にも変化なし。先物・現物は上下に大きく振れるもののVL構造的には秩序だった挙動が継続。

トレード&ポジション

日中は取引なし

  • 順風満帆、このまま持続。伏兵ガンマが大人しい価格帯に乗っているので楽。

image

  • 損益チャート(2月24日 日中)

2-24-2014

2014/02/20

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/22/2014)

日経平均は大幅反発。2月18日の日銀決定会合の直後につけたザラ場高値=14,900円は本日越えられなかったが、引値ベースでは18日を上回り、大引けは415円高=14,865円、先物は410円高=14,830円。結果として昨日の大幅安が騙しということになったが、本日の東証一部の売買代金をみると2兆円未満という気持ちが悪いほどの薄商いで、本日も騙しのようで全く油断できない。テクニカルは改善しているが、ここは割引いて見たいところ。IVはアゲモリと思いきや、伸び悩んだ。コール安、プット高。こういう相場こそオプ・トレが本領を発揮できるはず…

トレード&ポジション

日中は取引なし

  • 順調、このまま持続。今日のところはスイートスポットに居るがガンマの増大が気になる。

image

  • 損益チャート(2月21日 日中)

2-21-2014

2014/02/19

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/20/2014)

日経平均は大幅反落。本日の下げで2月18日に大幅高した上げ幅が帳消しになり、再び200日線を割り込んだ。ただ東証一部の売買代金は2兆円程度と、下げ幅の割には軽めなのは救い。14,500円のサポートがブルとベアの分水嶺になりそう。大引けは317円安=14,430円、先物は350円安=14,420円。IVは上昇したが、プット側は意外と大人しい。下値への警戒はそれほど大きくない様子。

トレード&ポジション

日中は取引なし

  • やや苦戦しているが、リバランスは行なわない。14,000円に近づくようなら敗戦処理。

image

  • 損益チャート(2月20日 日中)

image

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/19/2014)

日経平均は小幅反落したが、昨日の大幅高の値幅を8割程も温存した。14,750円を挟んでの小幅な揉み合いに終始しており、昨日の大幅高を消化しながら一服している挙動にもみえる。東証一部の売買代金は2兆円を割っているが、小幅安で売買代金が盛り上がらないのは逆にブル。ただオーバーヘッドが重く、このまま15,000円を上抜けて戻りを試すのは無理そうで、暫く14,700円~15,000円の値固めとみる。テクニカルは日々改善。大引けは76円安=14,788円、先物は70円安=14,770円。IVは上昇。コール側が牽引。外人コール買いの予兆か。

トレード&ポジション

前日の夜間にリバランスの微調整、日中は取引なし

  • デルタをリバランスするため、3月先物ミニを1枚買い。
  • ガンマが暴れだすのが気掛かりだが…

image

  • 損益チャート(2月19日 日中)

2-19-2014

追記: 損益推移の各グラフの表題の付け方が間違っていたので修正。自作したプログラムのバグ。(2/19夜間に修正して再計算)

2014/02/18

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/18/2014)

日経平均は大幅高。前場は軟調に推移していたが、後場になって日銀決定会合の結果が伝わると急騰した。一時は14900円も上回り、15000円を意識するようなところもあったが、やはり戻り売り圧力は大きい。大引けは450円高=14843円、先物は430円高=14840円。東証一部の売買代金は2.4兆円と大幅高にしては物足りなく、騙しの可能性がある。テクニカル的には上昇トレンド継続だが、何やら危うい。コールのIVが一時的に上昇したが、コールバックを組成して勝負するほどの爆発力は期待できないとみた。

トレード&ポジション

日中に調整で新規のコール売り

  • 日経平均が400円上昇したあたりを見計らい、3C15500 @ 145円を1枚売り。

image

  • 損益チャート(2月18日 日中)

2-18-2014

2014/02/16

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/17/2014)

日経平均は反発。前場、先週金曜日の安値=14,243円を切った直後に急反発したが、後場は14,400円を維持できずに伸び悩んだ。200日線と14,400円から上に存在する分厚い出来高価格帯に上値を抑えられている。明日の米国は休場ということもあり、東証一部の売買代金も1.8兆円という閑散状態。期近のIVはFOTMプットが高止まりしていることからも下値警戒感が強い相場になっていることが覗える。市場心理もテクニカルも非常に病んだ相場になってしまったが、今こそ陰の極とも思える。

トレード&ポジション

日中は取引なし。夜間も取引の予定なし。

  • 現状のまま持続。動く必要なしという判断。
  • 当該ポジションは既にショートストラングルに分類することはできないと思う。一般的な戦略のカテゴリーの名前を無理矢理あてはめるのは、あまり意味のあることではないかもしれない…

image

  • 損益チャート(2月17日 日中)

image

2014/02/14

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/14/2014)

日経平均は大幅続落。SQは14,536円で波乱なく着地したが、9:30頃から急落に転じた。後場には14,200円台まで下げるところもあり、高安の値幅は400円を超えた。大引けは221円安=14,313円、先物は170円安=14,330円。日足は再び200日線を売買代金(本日は2.6兆円)を膨らませながら下抜けており、テクニカル的には深刻な状況。早期に200日線を回復しないかぎり、弱気相場が本格化しそう。IVは上昇。

トレード&ポジション

前日夜間にプットのブル・スプレッドを新規追加

  • やや厳しいが、このまま維持する。

image

  • 損益チャート(2月14日 日中)

  損益チャートのアプリをEXCELとVBAで自作した。各玉のIVも可変なので、複数シナリオの”Big Picture”をシミュレーションできるようになった…

2-14-2014

2014/02/12

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/13/2014)

日経平均は大幅反落。寄り付きから一貫して下げて大引け近くには14,500円を割るところもあった。ただ、日足は200日線で確りサポートされていることと、東証一部の売買代金が2.1兆円と非常に少ないことから、本日の下げは単純なプルバックとみてよいと思う。大引けは265円安=14,534円、先物は270円安=14,500円。IVは上昇。期先プット側は意外と伸びなかったのが印象的。

トレード&ポジション

本日は取引なし

  • 本日の下げはプルバックという判断なので、リバランスは敢えてしないで現状維持。

image

  • 現在の損益チャート(2月13日 日中)

2-13-2014

2014/02/11

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/12/2014)

日経平均は続伸。海外先物高の追い風で窓開け上昇して前場は14,800円台もあったが戻り売りに押された。15,000円から上には分厚い出来高価格帯が控えており、上値は重い様子。大引けは40円高=14,800円、先物は40円高=14,770円。東証一部の売買高は2.4兆円と低調で、上値を追うエネルギーはない。日足的にも微妙な十字足が出現。先物は米国サイドのイベント通過の影響なのか、IVは期近が大幅安。期先も下落。ここからは膠着状態が継続か…

トレード&ポジション

日中に微調整

  • 月曜日に続き、”3月ミニ先物 1枚 買い”をリバランスのために追加。
  • 15,000円から上の出来高価格帯の抵抗が上値を抑える中、ポジションは順調な挙動。

image

  • 現在の損益チャート(2月12日 日中)

2-12-2014

2014/02/10

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/10/2014)

日経平均は大幅反発。窓開けして上昇し、200日線を上抜けて高値引けしたが、東証一部の売買代金は2.1兆円と盛り上がらなかった。少なくとも14,000円の下値は固まったようだが、15,000円付近の100日線が上値抵抗になりそう。大引けは255円高=14718円、先物は230円高=14730円。IVはイベント通過により大幅低下。225オプのトレード環境を整えるため、ツール類の開発に目下邁進中。勉強になるがキツイ作業である。有料でもよいからマトモなツールがほしいものだ…

トレード&ポジション

日中に微調整

  • ”3月ミニ先物 1枚 買い”をリバランスのために追加。
  • ここからダラダラと膠着状態が続くのが理想。

image

  • 現在の損益チャート(2月10日 日中)

2-10-2014

2014/02/06

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/07/2014)

日経平均は大幅反発。売られてきた大型株に買い戻しが入り、指数は200日線を回復。証券・銀行・不動産の強さが目立った。東証一部の売買代金は2.3兆円と低調なので、買い戻し中心の反発というところ。14,400円を挟んでの高値揉み合いが続いていたが大引けにかけて強含み、高値引けとなった。大引けは307円高=14,462円、先物は350円高=14,500円。全体のIVは低下したが、期近は米雇用統計を控えてイベントリスクを意識しているせいか高止まりした。指数は200日線が下値のサポートになれるかどうかが分水嶺。目先は上にも下にも大きく振れそう。

トレード&ポジション

既存のポジションを調整しているうちに結局全ての玉を返済してしまい、気がつけば新規にポジションを組成していたという不本意な状況

  • 既存のポジションを返済し、+43,240円の利益確定。
  • 新規のポジションは期先のショート・ストラングル風。暫くデルタを調整しながら維持していく方針。

image

  • 現在の損益チャート(2月7日 日中)

2-7-2014

2014/02/05

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/06/2014)

日経平均は小幅反落。プラス圏で小幅な値動きに終始していたが、大引けにかけて先物の大口の売りに押された。小型株は堅調な値動きにもかかわらず、大型株は売られるという二極化が目立った。大引けは25円安=14,155円、先物は30円安=14,150円。東証一部の売買代金が2.46兆円と落ち着いてきたのは、よい兆候。全体のIVは低下したが、期近は高止まりしており、米雇用統計を控えてイベントリスクを意識している模様。

トレード&ポジション

取引なし

  • このまま持続。

image

  • 現在の損益チャート(2月6日 日中)

2-6-2014

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/05/2014)

日経平均は反発して14,000円台を回復したが戻りは弱い。14,000円を切るところもあったが切り返し、大引けは171円高=14,180円、先物は260円高=14,180円。東証1部の売買代金は3.3兆円と高水準で処分売りが継続中。目下、14,000円が下値サポートとして働いている模様。IVは高止まりしているが、プット側が高くコール側が安いという分かりやすい状態に戻った。今は下手に動くと裏目に出そうなので、腹をくくって暫く動かない方針。

トレード&ポジション

前日夜間に微調整したが、本日の日中に調整分を返済したので既存ポジションには変化なし。

  • 2月4日の夜間に”3月ミニ先物 2枚 買い”を追加したが、2月5日の日中に返済。+5,832円の利益確定。
  • 既存のポジションを持続し、利が乗ってきた所でカバード・コール風にしたいところ。

image

  • 現在の損益チャート(2月5日 日中)

2-5-2014

2014/02/04

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/04/2014)

日経平均は大幅続落。全面安商状となり、個人の追証売りが膨らんだ。東証一部の売買代金は3.6兆円と高水準に膨らみ、セリング・クライマックスのような様相を示した。この地合の中、9日間連続安していた指標株のソフトバンクが、本日は147円高して7,000円台を回復し、4千8百万株という途方もない出来高を集めていたのが印象的だった。連日の大幅安で日経平均、TOPIXともに25日線乖離がマイナス9.5%超となっており、一旦は強烈な自律反発があってもよい水準。日経平均の大引けは610円安=14,008円、先物は640円安=13,920円。IVは急騰。外側のプットが盛り上がらず、コールが盛るという挙動は昨日と似ていた。ここからは日経平均の更なる下値は限定的とみる。最悪でも13,500円程度か。

トレード&ポジション

2月3日の夜間にヘッジ付きで3月ミニ先物を10枚買い

  • 夜間に200日線を下抜けたところで3月ミニ先物を買ったが、日中は更に大幅安して苦戦。このまま維持する方針。
  • 昨日処分した2P14000と2P13750の買い玉が悔やまれる。

image

  • 現在の損益チャート(2月4日 日中)

02-04-2014

2014/02/03

先物オプ・トレードのメモ (JST:02/03/2014)

日経平均は大幅続落。機関の大口の売りが断続的に続く右肩下がりの一日。指数の大幅安にもかかわらず、OTMプットのIVが全く盛り上がらないことからパニック的な状況ではないことが伺われる。とは言え不可思議な挙動だ。セリング・クライマックスには、これからだということの暗示か。目下、相場は非常に読みづらく、少し落ち着いて戦略を練り直すためにノーポジとした。大引けは294円安=14,619円、先物は290円安=14,560円。11月から続いていた『三角保ち合いの上放れ相場』は帳消しとなり、喪失感が強い。ここからは相当に厳しい展開が続くとみるが、一旦は強烈な自律反発があってもよい。アベノミクス終了論がメディアで喧しくなれば、底打ち確定というところだろう…

トレード&ポジション

本日夜間の時点でノーポジとした

  • 先週金曜日の夜間(2月1日)、先物が急落したのでカバード・コールを返済して損失確定。
  • 同夜間に裸買いのOTMプットを新規に仕込んだが、本日夜間に返済して利益確定。
  • 上記合計で-170,102円の損失確定。(2月分の扱い)

image