2014/04/30

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/30/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-29-14-Chart-204-29-14-SmoothSmile-1

先物は現物の大引け(15円高=14304円)から急落して90円安=14220円で引けた。VIX-Jは終日のダラ下げ。14000円の下抜けも視野入り。地合いは悪化の一途。指数が下げながらIVもダラダラと低下するトレンドが続いており、ボラトレにも厳しい環境が続きそう。

  • サブ#1は完済 
  • メインはクズ玉を整理

2014/04/28

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/28/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-27-14-Chart-204-27-14-SmoothSmile-1

先物の引けは150円安=14310円。日中は14200円を意識する局面ももあった。VIX-Jは警戒感から上昇したが、朝高からはダラ下げの展開。期近期先ともプットのIVが上昇。本日も参加者が少なく、東証一部売買代金も1.59兆円と低迷。大半の外人勢は既に東京マーケットから撤退した模様。14000円の攻防が視野入り。

  • 本日は取引なし

米国30年債利回り、米国10年債利回りと日経平均の値動きの長期トレンドをチャート化してみると、やはり日経平均は下方へ指向。相関係数も高止まりしそう。

04-28-14-ZN-2

04-28-14-ZN-1

2014/04/25

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/25/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-24-14-Chart-204-24-14-SmoothSmile-1

先物は乱高下した挙句、引けは40円高=14460円。VIX-Jは前場寄り付きから13時頃まで一貫して下落したが、13時を過ぎた頃から指数が急落に転じると弱く反発し、昨日よりやや低い程度の水準まで戻して引けを迎えた。期近コールのIVの低下が目立つ。日経平均は14500円の攻防。高くなればすかさず売られて頭を叩かれるという展開。バイアスは下方。地合いは最悪の部類。

  • サブ#1はデルタを微調整 (返済 5Mini –0.1 @ 14345)して下方への準備、サブ#2、メインは変更なし

2014/04/24

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/24/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-23-14-Chart-204-23-14-SmoothSmile-1

VIX-Jは昨日とほぼ変わらない水準で大引けを迎えた。微妙な均衡状態によりVIX-Jが動かない模様。期近・期先ともにプットのIVが上昇しコールのIVが下落。東証一部の売買代金は本日も低迷。日経平均のテクニカルは長期下げトレンドの入り口を示唆。14500円を挟んで揉み合いが続くだろうが、これは二番底への踊り場とみる。

  • メインを5月ミニ先物(+0.2 @ 14570)でヘッジ。
  • サブ#1、サブ#2は調整なし。

2014/04/22

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/22/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-21-14-Chart-204-21-14-SmoothSmile-1

VIX-Jは昨日の水準から下落して推移していたが後場後半に先物がが急落すると上昇に転じ、大引けでは昨日の水準まで戻した。期近はスキューが立ってきている。先物は14500円台を維持できず、14350円で大引けを迎えた。先物は微妙な均衡が破られて下方に動意づいた様子。目先は14000円が目処。

  • メインのデルタを先物の急落時に調整。
  • サブ1のバタフライを編成し直して、メインがカバーできない上値を補完した。

2014/04/21

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/21/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-20-14-Chart-204-20-14-SmoothSmile-1

VIX-Jは先週金曜日の水準からは上昇して、先週木曜日の水準に戻ったかたちになったがダラ下げに終始。期先コール側がフラット化し、期近のスキューが目立つ。日経平均は25日線で支えられてはいるが50日線で頭を抑えられた膠着状態に近い。CME225(ドル建)は200日線と50日線がデットクロス。東証一部の売買代金は先週金曜日の超低水準からは増加したものの1.3兆円と低迷。円安にふれていることと外人短期筋の勢力が弱まっていることが幸いして4月11日が一番底となったが戻りはここまでとみる。目先は二番底の形成か。

  • 本日は取引なし

2014/04/18

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/18/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-18-14-Chart-2

VIX-Jは更に低下。先物は140円高=14520円で終了。日経平均は4連騰して4/11の一番底から600円以上戻している。GWを目前にして買い控えとリスク回避が顕在化し、ここから更に戻っても14700円が限度。目先は二番底を叩くとみる。本日もスマイルカーブは手違いで取得出来なかった。

  • メインはミニ先でデルタを微調整。下値対策としてFOTMのプットを新規にロング。
  • サブ#2を新規に組成。6月FOTMコールとプットの4レッグで”Iron Condor”を組成した。サブ#1同様にサブ#2も放置を前提とするポジションだが、必要に応じて分解して利用するときもある。

2014/04/16

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/17/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

VIX-Jはシステム障害で計算できなかったが、低下したことはわかる。先物は14400円台を維持しているが、ここからは上値が重いハズ。テクニカルな反発は力尽きた様子。カタリスト不在の東京マーケットは自律的に上値を追えるはずもない。GWに向けて重力で14000円かそれ以下に落ちてくるとみる。本日はスマイルカーブも計算できなかった…

  • メインはミニ先でデルタを微調整。5P140のボラが高止まり。この状態は続きそう。

2014/04/15

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/15/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-15-14-Chart-204-14-14-SmoothSmile-1

VIX-Jは下落。先物は14000円~14150円の狭いレンジでの値動に終始。下値不安は落ち着きつつある様子。カタリスト不在の膠着状態が続きそう。

下値不安が後退したので既存の5月ミニ先物の売り玉を5月プットの買い玉で置き換えた。

2014/04/14

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/14/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ


マーケット&トレード概要

04-13-14-Chart-204-14-14-SmoothSmile-1

VIX-Jは朝高かったものの終日下げ続け、引けてみれば先週金曜日と同じ水準に戻った。指数が下げつつVIX-Jが低下するというトレンドは継続。先物は14000円と13900円の狭いレンジで膠着状態になっている。期先コールが買われている模様で、期先のスマイルカーブがフラット化している。

トレードは期近ATM付近のコールを売る戦略をメインに追加。

2014/04/10

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/11/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ


マーケット&トレード概要

04-10-14-Chart-304-10-14-SmoothSmile-1

SQは14000+で着地を予想していたが、13892円という波乱の着地となった。外部環境の悪化と東京マーケットの固有の要因が相まって地合いは更に劣化。今週一週間で1000円以上の暴落となった。当面は14000円の攻防とみるが、14000円から下は出来高価格帯が薄く、狙われれば崩れるのは早いと思う。VIX-Jは上昇。

本日はメインのデルタを微調整し、サブの組成を開始した。

2014/04/09

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/09/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ


マーケット&トレード概要

04-08-14-Chart-304-08-14-SmoothSmile-1

VIX-Jは小幅続落、先物は連日の大幅安。外人はイグジットのモード。東京マーケットの地盤沈下は当分続きそう。

14000円を下値として低迷レンジ相場が続くという想定でメインの組成に着手。取り敢えず本日は5限月のプット・ブルスプレッドを組成し、デルタを微調整。ここからCondor風のポジションに変形させてゆく方針。サブはメインのシナリオを補完するかたちで後日に組成する予定。

2014/04/07

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/08/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

ノーポジなので損益線は省略


マーケット&トレード概要

04-07-14-Chart-304-07-14-SmoothSmile-1

VIX-Jは大幅下落。先物も大幅下落しており、東京マーケットは地盤沈下のような状況。昨日は期先のコールが買われるような特殊な需給があった模様だが、本日はその兆候は見られなかった。先物(つなぎ足)は200日線を再び下抜け。日銀の金融政策決定会合の内容にサプライズが無かったということもネガ。ここからは14500円の攻防とみる。暫くは指数も下げながらIVも低下するという展開か。

昨日夜間にすべてのポジションを決済して現在はノーポジ。今は様子見するべき時期。

先物オプ・トレードのメモ (JST:04/07/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ


マーケット&トレード概要

04-06-14-Chart-3

04-06-14-SmoothSmile-1

VIX-Jは期近と期先のプットサイドに牽引されて上昇。スマイルカーブはプットサイドの吊り上がりが目立つ。米国マーケットも調整モードで推移しており、日経平均の下方圧力は強い。目先は14500円の攻防だろう。下方のバイアスで戦略を考えるべき時期。SQに向けて既存ポジションの整理を進めているが、僅かながら利益は確保できる模様。