2014/05/30

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/30/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-29-14-Chart-205-29-14-SmoothSmile-105-29-14-SmoothSmile-0

先物は40円安=14632円。日経平均が7連騰した後の一服。14600円付近では押し目を拾う動きがみられ、買い意欲は強い。14700円を挟んでの値固めが進行中。東証一部の売買代金が久々に2兆円を超えたが、指数のリバランスに関連した特殊な需給が影響した模様。VIX-Jは小幅ながら指数の上げ下げに順方向に反応。スマイルはスキューが目立ち、IVは外側高。外部環境は好転しており、来週は15000円を目指す動きになりそう。

  • 本日は取引なし

2014/05/29

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/29/2014 夜間)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

  • ブレークアウトの期待は不発に終わり、サブ#1は決済。メインは暫く放置プレ-。そろりと7月限の仕込みに取り掛かる方針。

2014/05/28

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/28/2014 夜間)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

夜間先物が強い下値抵抗を示していることからメインにミニ先物を10枚買いを新規追加して実質的に敗戦処理を行った。結果としてメインはブル・スプレッドと同等な損益特性をもつに至った。残念なことである。目先のシナリオとして先物が14500円を切って14000円に近づくような最悪の状況があれば6C14500が扱いやすくなるので、メインの損切り&エグジットは楽ではある。新たに組成したサブ#1は、宝くじ的なポジションにしてはコストがやや大きいのが痛い。ここからサブ#2を新たに組成するかどうかは流動的。

  • メイン

image

  • サブ

Capture

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/28/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-27-14-Chart-205-26-14-SmoothSmile-105-28-14-SmoothSmile-1

先物は続伸して70円高=14680円。NYの時間外で米国長期債先物が急落し、ベンチマークの米10年債の利回が2.6%台を回復したが、なぜか為替は円高方向へ逆行する動きがみられた。VIX-Jは終日右肩下がりで推移。期近期先ともにプットのスキューが目立つ。14600円 ~ 14700円のレンジで値固めが始まったようだが、値固め後にブレークする方向は下方なのか上方なのか読みづらい。

  • 本日は旧メインと旧サブをマージして新メインを組成。概要は”6P13500 買い3枚”を返済、 新規に”6P14000 買い3枚”、 ”6P15000 売り1枚”を返済、新規に”ミニ先を10枚買い”。
  • 新規にサブ#1を組成。概要は6C15250と6C15500の1:5コールバック。

2014/05/27

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/27/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

メインとサブの損益チャートが結果的に似たような損益の特性をもつようになってしまったので、個別表示せずに一つにまとめて表示

 

マーケット&トレード概要

05-26-14-Chart-205-26-14-SmoothSmile-105-26-14-SmoothSmile-0

先物は一時14800円を俔うところまで上昇し、4営業日で800円+の急騰となったが、引けにかけて急落して30円高=14610円。VIX-Jは寄り付き直後は上げ盛りで推移したが先物の騰勢が弱まると下落に転じ、前日と変わらずの水準で引けた。期近コールが高値を維持しているのが目立つ。目先は14500円付近での高値揉み合いとみる。

  • 急騰と急落の局面でミニ先物でヘッジをあてたり、はずしたりと忙しい展開となったが、結局は新規にミニ先物の追加なし。
  • 6C13500は前日夜間に返済。
  • 7C15250はポジションを圧縮するために返済。
  • サブとメインが異なる損益特性をもたないとリスクを分散させることにならないことを痛感。

2014/05/26

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/26/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-25-14-Chart-205-25-14-SmoothSmile-205-25-14-SmoothSmile-1

先物は160円高=14580円。VIX-Jは9:30頃に22ポイントに近い高水準まで上昇したが反落。引けは先週金曜日の高値水準と同じ21.4ポイントで終了。一時、期先コールのIVの上昇が目立ったが伸び悩んだ。プットのIVが高止まり。

  • 6C145の被害が大きく、状況次第では夜間にヘッジを入れる方針。暫く苦戦が続きそう。

2014/05/23

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/24/2014 夜間)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

メインとサブを合わせたポートフォリオ全体損益チャート(夜間セッション終了時)

  • 先週の全体損益チャートと比較するとピークが左方に移動に移動して14500円近辺が最大利益となる形状になった。6C150から6C145への乗り換えが裏目に出たが、状況を総合すると被害は許容の範囲。

D:-0.97, G: –0.32, V: –81.96, T: 34.74

  • 先週の全体損益チャート

来週の方針

  • 14750円までが高値の限界と予想しているが、それを越えて15000円に近づけば敗戦処理。
  • 1406P14000を@120円+で1枚新規に売り、サブ2に追加する方針。急落待望。

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/23/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-23-14-Chart-205-23-14-SmoothSmile-0105-23-14-SmoothSmile-02

先物は一時14540円まで上昇したが引けにかけて値を消して110円高=14420円。5月21日につけた安値=13900円から本日の高値まで、二日で600円を越える大幅上昇となった。前場にVIX-Jはコールが買われて上昇したが後場になると下落に転じた。14000円が下値サポート、14500円が上値抵抗というマーケットのコンセンサスが固まりつつある様子。週初から米国長期債先物が足元の高値から調整気味に推移していたが、本日は反発の兆候を示しており、ドル円が再び101円台という日経平均には厳しい水準に向かう可能性もあり。

  • メインを調整して6P14000 –1 @115を新規に追加。
  • サブ2に6P13000 +1 @ 14を新規追加。来週、指数が急反落すれば6P14000 –1 (@130 or better)もサブ2に新規追加の予定。

※スマイルカーブは前日分を手違いで消去してしまった…

2014/05/22

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/22/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-21-14-Chart-205-21-14-SmoothSmile-105-21-14-SmoothSmile-10

先物は夜間の安値から400円以上も急騰し、引けは295円高=14310円。後場になって中国PMIの報道が好感されると、朝方から下落基調だったVIX-Jは一時的に上昇に転じたが長続きせず。スマイルカーブの構造に変化なし。プットのIVは低下。コールのIVは上昇するも伸び悩み。日経平均はレンジの高値圏に到達した模様。

  • 本日は取引なし。
  • レンジの上限に達した今こそストラドルを組みたいところだが今回は見送り。

2014/05/21

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/21/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-20-14-Chart-205-20-14-SmoothSmile-1

先物は14000円を挟んで乱高下しが、引けは20円安=14040円。VIX-Jは終日一貫して右肩下がりで推移し、引けは前日夜間から2ポイント以上も大幅下落。期近コールのIV低下が顕著。14000円を挟んでの膠着状態は下方へブレークアウトするのは時間の問題とみる。日経平均には外からも中からも逆風が強い。

  • サブ#1の6C15000の売玉1枚を返済し、6C14500の売玉1枚を新規に追加。
  • サブ#2に6C14500の売玉1枚を新規に追加。

2014/05/20

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/20/2014)

 

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-19-14-Chart-205-19-14-SmoothSmile-1

先物は30円高=14060円。夜間先物は14000円を割れていたが、日中は辛くも大台を回復。マーケットは動意に乏しく東証一部売買代金も1.5兆円と低迷。VIX-Jは引けてみれば変わらず。プット側のスキューが緩慢に上昇。このマーケットは既に老年期で病んでいる。昨日マザーズには死亡フラグが立った。嗚呼、東京はいったいどうしたことなのか…目先は14000円の攻防とみる。

  • メインに微調整のヘッジを当てた。
  • メインもサブもレンジ相場を想定しており、ポジションは全て完成形。ここからは腐らない程度に半分放置して熟成を待つ方針。

2014/05/19

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/19/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-18-14-Chart-205-18-14-SmoothSmile-1

先物は引け間際に一時14000円を割れたが、引けは100円安=14030円。VIX-Jは14000円割れの警戒感から先週金曜日の引けの水準からは1ポイント近く上昇したが、反応は意外と薄い。ここから14000円を大きく下抜けるような状況になればIVは急騰か。

  • 本日日中は取引なし。本日夜間にメインの6C15000が更に安くなるようであれば返済予定。

2014/05/16

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/17/2014)

公開用のブログページを誤って上書きしてしまったようなので、5月16日(金曜日)の引け後の損益チャートの状況だけは再度パブリッシュ...

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/16/2014 週末夜間セッション)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

サブとメインを合成させた損益チャートの試算

  • D:+0.55, G:-0.16, V:-52.57, T:+14.94
  • 評価損益:+196,123

来週の方針

  • ボラ低迷が続くという想定を継続。下限14000円、上限14500円で基本はレンジ範囲でのデルタ・プレー。
  • 利食いつつ、新規を軽めに追加。フロア上げの実施。7月限の仕込み開始。
  • 必要証拠金は200万円未満を維持。

2014/05/15

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/15/2014)

 

日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-15-14-Chart-205-15-14-SmoothSmile-1

ザラ場中に先物は乱高下を繰り返したが、引けは110円安=14300円。VIX-Jは先物の急落に伴い朝高で始まったがジリ安となり、引けてみれば昨日と同水準。日経平均は微妙な均衡状態だが、14000円を大幅に割れるシナリオは後退した印象。米国10年債の利回りが2.5%台という低水準の割にはドル円も101円台後半で踏みとどまり日経平均も底堅い。

  • サブ1の組成は完了したが中途半端なポジションになってしまった。保険としては弱い。が、これでいくしかない。日経平均が急落するような局面があれば14000円以下でミニを1枚買いたいところ。

2014/05/13

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/13/2014)

 

日から評価中の投資スタイルのメモ

※プログラムの不具合でサブ#2の損益チャートは誤表示になっていたので夜間に修正。

マーケット&トレード概要

05-12-14-Chart-205-12-14-SmoothSmile-1

日経平均は25日線を越えて275円高=14425円で大引け。指数の大幅高の割にはVIX-Jは動意に乏しく低下傾向が継続。スマイルカーブはやや下方に垂直移動。期近はコールのATM付近のIVの低下が目立ち、両脇が吊り上がりスキューが立つという傾向が継続。

  • サブ2用に新規で7月コールを売ったので、先物でヘッジしていく方針。サブ2が『ミニ・メイン化』していきそう。

2014/05/09

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/12/2014)

 

日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-11-14-Chart-205-11-14-SmoothSmile-1

先物は40円安=14170円。先物は方向感なく100円幅で上下移動を繰り返したが、VIX-Jは一貫して低下。期近のスマイルカーブは垂直下方に移動してATM10%のコールのIVが低下、両脇が吊り上がりスキューが立つという微妙な構造。レシオのコールかプットが有効かもしれないが本日は取引を見送り。14000円を挟んでの膠着状態が続くとみる。

  • 本日は取引なし

2014/05/08

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/08/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-07-14-Chart-205-07-14-SmoothSmile-1

先物は朝方190円高=14260円まで反発したが後場には値を消し、引けは70円高=14140円。前日400円以上も下げた割には戻りが鈍く、先安観が漂う。VIX-Jは下落して始まったが、指数の下げと共に鈍く反発して前日と変わらずの水準まで戻した。目先は14000円を挟んで無気力な揉み合いが続きそう。当分は控え目にトレード。

2014/05/07

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/07/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

メイン

  • SQ決済を予定していた5月メインをSQを待たずに本日完済。先に完済した5月サブ#1の損益と合計すると5月限は、+290,606円の利益。
  • 6月サブ#1をメインに移動させ、新規に『6月ミニ先物 6枚 買い』 『6P135 1枚売り』を追加。

サブ1(6月限)

  • メインに移動

サブ2(6月限)

  • 継続

マーケット&トレード概要

05-07-14-SmoothSmile-1

先物は410円安=14,070円。米国長期債利回りの急落、円高、米国市場の変調を連休明けに一度に折り込んだかたち。14000円下は出来高価格帯の薄い真空地帯。節目は昨年4月に黒田バズーカが始動した13000円前後か。期近のIVの上昇が目立ったが、期先のIVは鈍い動き。VIX-Jの5分足はシステム障害で取得できず。

2014/05/02

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/02/2014 夜間セッション)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

メイン(5月限)

  • 上値対応の5月ミニ先を外してSQ決済用のポジションへ。5C140によるダメージをかなり軽減できると楽観。

05-02-14-PLChart1-1

サブ1(6月限)

  • 上値対応の6月ミニ先を外して様子見へ。5月メインの決済後はサブ1をメインに昇格させて管理する予定。

05-02-14-PLChart2-1

サブ2(6月限)

  • 継続

05-02-14-PLChart3-1

マーケット&トレード概要

米国雇用統計の発表を受けて米国長期債先物が急騰して利回りが急低下。ベンチマークの米10年債の利回りは2.58%まで低下したがドル円・夜間225・CME225は、この変化を十分に折り込んでいない様子。連休明けの東京マーケットは下値圧力が強くなりそう。

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/02/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

05-01-14-Chart-205-01-14-SmoothSmile-1

先物は10円安=14480円、高値引け。VIX-Jは下げトレンド継続だが、引けにかけてやや戻した。期先コールのIVの低下が目立つ。現在、米国10年債の利回りが2.7%を切っている。そのようなときは円高に傾き、指数は14000円を挟んだ値動きになることが多いが、今回はその経験則から外れて指数は意外なほど底堅く推移している。が、米国雇用統計の発表でマーケットは転機を迎えるかもしれない。上へ跳ねるか、下へ抜けるか…

  • メインはSQ持ち込みで決済する方針。
  • サブ#1は指数の大幅下落に乗じてヘッジの先物を買う予定で狙っていたが諦めた。結局、引け間際の高値で6月ミニ先を+5枚手当した。

2014/05/01

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/01/2014)

 

3/18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

04-30-14-Chart-2

先物は急騰し、引けは270円高=14490円。指数の急騰にも拘わらず、VIX-Jは終日下落。東証一部の売買代金はGWの谷間にも拘わらず1.85兆円と膨らんだ。大口の資金が年初来安値を昨日つけた大型株に流入した模様。TOPIXが高値引けとなっているのは、銀行・証券株が急騰したことが影響。が、ここからの戻りは限定的だろう。なにしろ外人の新規の資金が日本株に流入する理由がサッパリ見当たらない。スマイルカーブはシステム障害で取得できなかった。

  • メインはヘッジの先物を急騰に乗じて一部外した。
  • サブ#1の組成を開始。指数急落のタイミングを見計らい、プットの売り玉を追加し、先物でヘッジを当てる予定。