2014/06/26

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/26/2014夜間)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ






マーケット&トレード概要
ベアを期待した7P15000の裸買いポジション(サブ#1)が裏目に出そうなので7P15250の売り玉を追加してブル・スプレッドに変更。東京マーケットのこの異様な手強さは上昇波動の第二弾なのか…

2014/06/20

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/20/2014夜間)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

  • メインの構成

image

  • サブ1の構成

image

マーケット&トレード概要

来週は外出が多くなるので、ポジションを保守的に構成し直した。日米共にいつ調整入りしてもよいタイミング。

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/20/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

  • メインの構成

Capture1

 

  • サブ1の構成

Capture2

 

マーケット&トレード概要

06-19-14-Chart-206-19-14-SmoothSmile-1

先物は続伸して40円高=15380円。少しでも下げると押し目買いが入り、地合いは呆れるほど強い。前場はコールの弱さが目立ち、VIX-Jは今年の最低水準を更新したが、後場はプットが買われてやや反発。重しになっている円高圧力が好転すれば、緩やかな上値追いの可能性も高い。

  • メインはフロア上げ & デルタ中性化
  • メインの下値への保険としてサブ1にバタフライを組成

2014/06/19

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/19/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

image

 

マーケット&トレード概要

06-18-14-Chart-206-18-14-SmoothSmile-1

先物は急伸して220円高=15340円。円高圧力と米国長期債利回りの急落にも拘わらず大幅高の展開となったが、VIX-Jは下げトレンドが継続。さすがに引け間際に僅か上げ盛り状態を示したが持続性なし。指数は15200円の節どころを上抜けたかたちになったが、円高圧力と米国長期債利回りの低下に抗して上値を追うのは困難の筈。その見立てに沿って本日はサブ1を完済、メインを構成し直した。

  • メインはベガをショート

追記

同日夜間に調整後のメイン

image

2014/06/18

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/18/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-18-14-Chart-206-18-14-SmoothSmile-1

先物は130円高=15120円、高値引け。VIX-Jは低く始まり、先物の上昇に伴い穏やかな上げ盛りとなったが、コールの反応がかなり鈍い。スマイルはスキューがややフラット化。先物が値幅を伴い反発した後は、再び大きく下げるパターンが繰り返されており、このまま上値を追う状況とは思えない。目先は15000円を挟んだ揉み合いが続くとみる。

  • 本日は取引なし。
  • メインは7C15250の売玉を追加するタイミングを見計らっているところ。当分はこのまま。
  • サブはこのまま持続し、利益が乗れば変形させていく方針。

2014/06/17

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/17/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

メイン

06-16-14-PLChart1-1

サブ#1

06-16-14-PLChart2-1

マーケット&トレード概要

06-16-14-Chart-2先物は一時15000円を回復したが終日方向感が定まらず、引けは70円高=14990円。VIX-Jの低下著しく、今年最低水準を更新。昨日夜間にポジションを圧縮したが、下値リスクが更に高まるようなら完済・損切り。当面は15000円を挟んだ値固めとみる。今週のFOMCが転機か。

2014/06/16

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/16/2014夜間)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ


マーケット&トレード概要
先物がサポートの15000円を下抜けて大幅安したため、ポジションを圧縮することにした。メインは7C15500の買い玉を1枚残して返済。近日中に立て直しを試みる予定。サブ1は維持。

2014/06/13

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/13/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要
06-12-14-Chart-206-12-14-SmoothSmile-1
SQ(=14807円)決定後、先物は急伸。始値の14810円が本日の安値。引けは15140円の高値引で300円近い値幅。PKOが本日も15000円から下でガツンと入り、相場に『15000円=サポート』というコンセンサスが醸成されつつある模様。VIX-Jはコール主導で驚きの上げ盛り。
  • メインを組成した。寄りで売った7C15250が想定を超えて急騰したため、結果としてコールバックのようなポジションを組むに至った。しかし夜間になって先物が急落しており、再度調整を強いられそう。不安定で非常に難しい相場。
【追記】

  • 夜間にメインを調整










  • 更に調整

06-13-14-PLChart1-1

2014/06/11

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/12/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-11-14-Chart-2先物は寄り直後に200円安=14850円まで下げたが後場後半に急回復して引けは60円安=15000円。SQ前日で強弱が対立。PKOは15000円割れを意識している模様。VIX-Jは乱高下した後、昨日引けと同水準で着地。買い意欲は依然として強く、下げても15000円を回復するという安心感が台頭。為替が円高方向に進んでいるのが逆風。

  • 本日は取引なし

2014/06/10

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/10/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-09-14-Chart-206-10-14-SmoothSmile-1

先物は160円安=14970円。15910円で高寄りしてから終日下落し、引けは15000円を維持できず。円高傾向とSQ週の需給が重なった。当面は15000円を挟んでの揉み合いで15200円が上値の上限とみる。VIX-Jは安寄りで始まったが先物の急落局面では上昇し、前日よりも高い水準まで回復。期先はスキューが立ち、プットサイドが買われた。期近は無視。

  • C/PパリティーでSQ持ち込みを準備していたメインをSQを待たずして完済。場中に有利な需給が生じたので完済を試みたが、結果的には先物の返済を機敏に処理できなかったので、SQ持ち込みするのと同じ程度の成果。
  • 夜間にサブ2に7月ミニ先の買いを10枚、7P14000の買いを1枚追加。先物を裸で持つよりは少し安心感がある程度のポジション。ブルの想定が早々に裏目に出てしまったが、ポジションは維持していく方針。

2014/06/09

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/09/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-08-14-Chart-206-08-14-SmoothSmile-1

先物は40円高=15130円。高値は15220円迄あったが15200円からは上値が重い。ザラ場中に米国長期債先物が急落していたが為替も日経平均も反応薄で足元の膠着状態の影響が強い模様。VIX-Jは高寄りした後に一貫して下落したのはイベント通過と膠着状態の反映。期先コールサイドが安い。15200円を挟んでの揉み合い継続か。

  • 先週金曜日に決済した7月限のブルスプレッドを再度組成してサブ1に割り当てた。

2014/06/06

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/06/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-06-14-Chart-206-06-14-SmoothSmile-1

先物は30円高=15090円。雇用統計を控えて小幅な値動きに終始した。15000円台がPKOで維持されている様子。VIX-Jは膠着状態を反映して小幅に下落。期先のATMに近いコール側が安い。期近はATMに近いプット側の下落が目立つ。雇用統計の発表後に相場の方向性が決まる見込み。バイアスはブル。

  • 本日は取引なし

2014/06/05

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/05/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-04-14-Chart-206-04-14-SmoothSmile-1

先物は20円高=15060円。下げても底堅く、15000円に近づくとPKOが大台を維持。足元で15000円を挟んだ底値固めが進行しているようで、不本意ながらバイアスをブルに転換せざるを得ない状況となった。VIX-Jは前日より高い水準で底堅く推移していたが後場後半になるとやや失速。期先スマイルの構造には殆んど変化なし。期近スマイルはATM付近のコールのIVが高い状態が続いていたが、引けまでには何事もなかったように落ち着いた。

  • メインをパリティーで決済してSQ持ち込みを準備。週末イベントでギャンブルをするか、僅かな利益を確実に取るか、という選択は後者。
  • 7月限のメインは組成を準備中。
  • 7月限のサブ1を組成した。ポジション的にはブル・スプレッド。状況によってはメインに移行させる。

2014/06/04

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/04/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-03-14-Chart-206-03-14-SmoothSmile-1

先物は10円高=15040円。小幅な値動きに終始した。ザラ場中に先物が15000円を切る局面が何回かあったが、その度にPKOが入り、大台が維持された。円安の急伸と米国10年債の利回りが2.6%に乗せてきたことが追い風になっている割には上値が重い。場中に円安が急伸していたにもかかわらず先物が反応薄だったのは買い疲れ商状だろう。カタリスト不在で15000円の維持は難しいはず。VIX-Jは安寄りしたが底堅く推移し、前日と同じ水準まで回復。期近スマイルのATM付近のコールのIV低下が目立った。

  • 本日は取引なし。

2014/06/03

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/03/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-02-14-Chart-2

先物は2ヶ月半ぶりに15000円台を回復後は高値揉み合いに終始。引けも大台を維持して15030円。VIX-Jは朝高で始まり、指数の膠着状態の中でゆるやかに下げ続けたが21%台は維持していて底堅い。スマイルは期先コール側がフラット化。

週末のイベントに向けて15000円の攻防とみるが、通過後はどちらかに大きく動きそう。消去法的には下方へのバイアスだが…

日中は取引なし。

2014/06/02

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/02/2014 夜間)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

  • 夜間にメインを調整してブルスプレッドを解消。下方バイアスが高い損益チャートの形状となったが15000円から上へのリスクは低いとみる。
  • 一見順調な米国マーケットだが、指数は史上最高値の近辺にあるにも拘わらず出来高が異常に僅少な状況に陥っており、調整の兆しあり。弱含む米国マーケットと同期すれば、日経平均も15000円付近が目先の天井になる可能性もあり。

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/02/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

  • 本日は取引なし