2014/01/14

先物オプ・トレードのメモ (JST:01/14/2014)

日経平均は暴落。海外株安と円高圧力(ドル円は一時102円台)を三連休明けに折り込む展開となった。前場は250円幅のギャップダウンで始まり、15,500円付近まで急落。そこから小反発するも、後場になって売り直された。大引けは489円安=15,422円、先物は500円安=15,420円。日経平均は25日線をあっさり割り込み、50日線に急接近。このレベルの暴落が一旦発生すると、25日線との乖離が-5%程度になるまで本格的な戻りが期待できないのが過去一年の経験則。であれば、15,000円迄の下値は見ておくべきか。変化が乏しかったIVは後場に指数が急落した局面で急上昇。

現在のトレード&ポジション

日中に新規ポジションを組成

  • ショート・ストラドル風のポジションを組成。
  • 状況に応じて玉操作を行い最適化する方針。

image