2014/03/06

先物オプ・トレードのメモ (JST:03/06/2014)

日経平均は大幅続伸。前場は前日終値の付近で揉み合っていたが、後場になると急騰した。15,000円を回復し、相場の景色が一変した。東証一部の売買代金も2兆円を越えて盛り上がり、謎の大口買いが観測された模様。ここからは弱気のバイアスを修正する必要があるかもしれない。テクニカルも一気に好転しており、ここは素直に受け入れるしかあるまい。大引けは237円高=16,134円、先物は240円高=15,120円。IVは午前中に前日夜間の水準から急落したが、後場になって指数が急騰すると昨年以来の『上げ盛りの状態』となった。本日の急騰は、昨年の『コール上げ盛り事件』を彷彿とするが、あの時は相場の転機だった…

トレード&ポジション

前日夜間と本日日中にデルタを先物で調整

  • 急騰でヘッジが追いつかない。早々に敗戦が視野に入ってきたが、まぁこのまま継続してみたい。

image

  • 損益チャート(3月6日 日中)

03-06-2014