2014/03/07

先物オプ・トレードのメモ (JST:03/07/2014)

日経平均は大幅4日連騰。前場に15,300円台を回復したあとは弱含んで推移していたが、後場になると急速に切り返した。大引けは高値引け水準で迎え、139円高=15,274円、先物は170円高=15,290円。テクニカルは更に改善しているが、このペースが維持できるとは思えず、SQに向けては波乱もアリとみる。IVは夜間の水準から下げていたが、後場開始後にコール主導で一時アゲモリ商状となった。しかし後半は再び落ち着いた水準に戻り、変わらずとなった。期先コールのIVは動意が乏しい。

トレード&ポジション

日中は取引なし

  • 苦戦しているが、よい経験になりそうなので継続。SQ次週に控え、シータとガンマの戦いが続く。
  • 最近、『ポジション感覚』と言えるような、もう一つのオプションのノウハウ(経験値)があるような気がしている。言葉にするのが難しいが、オプションの場合は、株のそれとはかなり異なる。直感的な言い方だけど、ポジションを持ったときの感覚は….株はリニアー的だけどオプションは非線形的。この感覚は、売買の最終判断のときに非常に大切だと思う。この辺は少し思考がまとまってきたら、ブログ記事にしてみたい。

image

  • 損益チャート(3月7日 日中)

03-07-2014