2014/05/27

先物オプ・トレードのメモ (JST:05/27/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

メインとサブの損益チャートが結果的に似たような損益の特性をもつようになってしまったので、個別表示せずに一つにまとめて表示

 

マーケット&トレード概要

05-26-14-Chart-205-26-14-SmoothSmile-105-26-14-SmoothSmile-0

先物は一時14800円を俔うところまで上昇し、4営業日で800円+の急騰となったが、引けにかけて急落して30円高=14610円。VIX-Jは寄り付き直後は上げ盛りで推移したが先物の騰勢が弱まると下落に転じ、前日と変わらずの水準で引けた。期近コールが高値を維持しているのが目立つ。目先は14500円付近での高値揉み合いとみる。

  • 急騰と急落の局面でミニ先物でヘッジをあてたり、はずしたりと忙しい展開となったが、結局は新規にミニ先物の追加なし。
  • 6C13500は前日夜間に返済。
  • 7C15250はポジションを圧縮するために返済。
  • サブとメインが異なる損益特性をもたないとリスクを分散させることにならないことを痛感。