2014/06/10

先物オプ・トレードのメモ (JST:06/10/2014)

3月18日から評価中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

06-09-14-Chart-206-10-14-SmoothSmile-1

先物は160円安=14970円。15910円で高寄りしてから終日下落し、引けは15000円を維持できず。円高傾向とSQ週の需給が重なった。当面は15000円を挟んでの揉み合いで15200円が上値の上限とみる。VIX-Jは安寄りで始まったが先物の急落局面では上昇し、前日よりも高い水準まで回復。期先はスキューが立ち、プットサイドが買われた。期近は無視。

  • C/PパリティーでSQ持ち込みを準備していたメインをSQを待たずして完済。場中に有利な需給が生じたので完済を試みたが、結果的には先物の返済を機敏に処理できなかったので、SQ持ち込みするのと同じ程度の成果。
  • 夜間にサブ2に7月ミニ先の買いを10枚、7P14000の買いを1枚追加。先物を裸で持つよりは少し安心感がある程度のポジション。ブルの想定が早々に裏目に出てしまったが、ポジションは維持していく方針。