2014/07/17

先物オプ・トレードのメモ (JST:07/18/2014)

3/18/2014から実践中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要
突発的なイベントが発生して状況が読みづらくなってきた。レンジ相場の想定に疑義が生じてきたので一旦全ポジションを解消することにした。ただ、予想していたよりも日経平均の下げ幅は小さく、VIX-Jの盛りも最大+2%程度に留まったのには驚かされた。今回の事件が一過性のイベントで終わる可能性もあるが、ここは判断が難しい。少し様子見のスタンスでいきたい。

先物オプ・トレードのメモ (JST:07/17/2014)

3/18/2014から実践中の投資スタイルのメモ

マーケット&トレード概要

先物の引けは10円安に留まったが高値からは100円近くの下げ。15500円が上値抵抗になっている模様。円高傾向に振れている為替に対して日経平均は手強く抵抗している。目下、下値不安はなく上を買う理由もないという膠着状態のマーケットでVIX-Jは下げ基調に終始。

  • 期近ボラ構造はATM周辺の低下が目立ち、ショート・ストラドルには追い風。
  • 日中にメインへ8C15500の売りをフロア付きで追加。
  • メイン左側に対する掛け捨て保険として前日夜間にバタフライをサブ1として組成。
  • 期近アウトのコールが更に安くなれば、メイン右側のフロア上げを行いたいところ。